外資系リーマンのナンパ師復帰への道

本ブログでは、私のナンパ師復帰にあたる日々の活動や学びなどを記録していきます。

YASUさんのナンパ講習(1回目)

今日はYASUさんのナンパ講習を受講しました。

1回目でここまで自分の弱みが明らかになるとは思わなかった(笑)

 

俺の克服すべき点は「声掛け時の強めのインパクト」と「共有スペースを活用した最適なイジり・プット」の二点です。

 

「声掛け時の強めインパクト」の目的は、若干の怖さにより無視をなくすとともに、感情を揺さぶることです。これを行うことにより、その後の笑いのプットが効いてきます。安心感を与えられるのと、恐怖から楽しさへ一気に感情の振り子を振り回すことができるからです。野球に例えると、デッドボールすれすれのストレートを投げてから、相手の笑いのストラークゾーンにカーブを放る感じです(笑)

なお、Sキャラでイジる際には、まずは自虐ネタをやってから相手をイジると受け入れやすいことも勉強になりました。

 

「共有スペースを活用した最適なイジり・プット」は完全に引き出しと場数がモノを言うので、楽しみながら実践するのみです。

なお、偶然お会いしたショ◯さんから教えてもらったのですが、ナンパ実録を同時復唱することが有効そうなので、早速カラオケボックスで試してみます。

 

あと、上記のポイントを改善するのに必要なことは、ナンパを楽しく継続することだと痛感しました。

徐々にナンパを楽しくするライフスタイルと健康を作っていきます。

 

なお、俺の師匠のYASUさんについては以下のサイトをご覧ください。

pkup.tokyo